message_01.png

​Driving DOHaD Forward, Again

ようこそ仙台へ

このたび、2020年8月に開催予定でありました第9回日本DOHaD学会学術集会を2022年10月7日から8日まで、東北大学医学部星陵オーディトリアムで開催させていただくことになりました。

本学会は、胎児期の環境がその後の様々な疾病発症や機能障害に深く関連するという観点から、

新しい予防医療の導入を目指しています。疫学研究者、基礎研究者、産婦人科医、小児科医、助産師、栄養士など、多職種の方々が集うことも大きな特徴です。

​本学会が東北地方で開催されるのは初めてです。

杜の都仙台で志を同じくする皆様とお会いできる日を楽しみにしております。手作りの学会となりますが、東北ならではの温かいホスピタリティーを胸に、皆様を心よりお待ちしております。

令和3年4月吉日

菅原 準一

          東北大学大学院 医学系研究科 教授
(母児医科学分野、環境遺伝医学総合研究センター(エコチル調査宮城ユニットセンター))
東北大学産婦人科、 東北大学東北メディカル・メガバンク機構 教授